照明維持サービス

LED化を無理なく計画的に実施できる。しかも照明の維持管理を丸々委託できるのが、サンエスオプテックの照明維持サービス。

照明をLED化することによって電気代を大幅に削減できます。この削減枠から「機器代金」「維持管理の保守料」をまかない、さらに総合的にコストの削減までできる教育関連施に最適なサービスです。毎日のようにところどころ切れてしまう蛍光灯との格闘も終わりにできて、しかも初期導入費用は工事費を含めて不要です。かかるコストは毎月の「照明維持サービス料」 のみの一本に。経費の固定化が可能となり、故障対応や交換球の在庫管理も不要となります。名前の通り、照明の維持、管理を代行するサービスですので契約期間中の故障による照明の交換や定期的なメンテナンスを全てサンエスオプテックで実施します。

LED照明は長寿命で故障以外ではまず電球のように「切れる」ことはありません。切れませんが長い年月で緩やかに照度が落ちてきます。そのため日本照明工業会では照度が「元の照度の70%」を下回った時を使用限度と定めています。照明維持サービスでは、この照度の低下を先進のIoTにより常時監視し、万が一契約期間中に照度が低下するようなことがあれば迅速に対応致します。IoTを活用することで、校内の明るさを維持し続け、生徒の学習環境を良好に保ちます。